せどり

せどりで遠征仕入れは必要?メリットデメリットと合わせて回答!

2020年7月17日

 

・せどりは遠征もした方がいいの?

・遠征した方が仕入れはしやすい?

 

そんな疑問にお答えします。

 

今回は「せどりに遠征は必要なのか」ということを深堀りして「遠征のメリット・デメリット」についても解説していきます。

 

本記事の信頼性

せどり歴は2年半、遠征仕入れには西は大阪、東は福島まで行ったことのある僕が、遠征仕入れについてわかりやすく解説します。

 

本記事を読むとご自身に遠征の仕入れが必要かどうか分かるようになります。

 

せどりの遠征仕入れとは?

『遠征仕入れ』とは自分の住んでいる都道府県から移動してとなりの県など、他の地域でせどりをすることです。

移動手段は主に車であることがほとんどです。

 

遠征仕入れのメリット

それでは、遠征仕入れをするメリットから解説します。

遠征のメリットは下記の3つです。

近場にないお店に行ける

仕入れ店舗を増やせる

気分転換になる

1つづつ解説しますね。

 

近場にないお店に行ける

遠征をすることによって、自分が行ける範囲には無いお店にいくことができます。

例えば、あなたのせどり仲間から『コジマでセールがやっていて利益商品がたくさんあるらしいよ』という情報を聞いたとしても、自分の家の近くにコジマが無いと仕入れに行くことができません。

そんな時に遠征で仕入れに行けばセールにも参加することができます。

また、行ったことが無いお店に行くことによって今まで仕入れたことがない新しい商品を仕入れることもできるかもしれません。

 

仕入れ店舗を増やせる

店舗せどりで月利をより多くするためには遠征が必要になってきます。

例えば自分の家の半径30キロ以内にあるお店で仕入れを全て済ませようと考えていたら、自分がお店に行き尽くしてしまうと仕入れる商品が無くなってしまいます。

ただし、欲しい利益が月5〜20万円くらいなら遠征をしなくても稼ぐことは充分、可能です。

それ以上の利益を稼ぎたい場合は遠征して仕入れをする必要があります。

 

気分転換になる

遠征は今まで見たことのない景色の中を車で走ることになるので気分転換になります。

ブロガーも家だけではなく、カフェに行って作業したりしますよね。

それと同じでいつもの仕入れルートでお店から次のお店に移動する時に見ている景色を変えるだけでも気分転換になります。

また、その土地でしか食べることができない料理を味わうことができるのも遠征の良いところです。

 

遠征仕入れのデメリット

下記の3つは遠征仕入れのデメリットと感じました。

経費がかかる

遠出による疲れ

移動時間がかかる

1つづつ、解説していきます。

 

遠征費がかかる

遠征では、車のガソリン代や、高速道路を利用する場合の利用料金、宿泊費用などの遠征費がかかります。

遠征費抑えるコツとしては、仕入れの時にたまるポイントを使用することです。

ガソリン代はエネオスでの給油ならTポイントが使えます。出光昭和シェルならポンタポイントが利用できます。

また、ホテル代も楽天カードを普段の仕入れで使っていれば楽天トラベルで予約することで楽天ポイントが利用できます。

高速道路を利用して遠征に行く場合は、必ずETCを搭載した車で行きましょう。高速道路の利用料金が安くなります。

 

遠出による疲れ

長距離の運転や、慣れない土地に行くことによって疲れが生じます。

遠征先に向かう時には、適度な休憩をとることをおすすめします。

また、慣れない土地を運転することになるので事故にも充分、気を付けましょう。

 

移動時間がかかる

遠征は隣の市や県まで行く時間がかかります。

週休2日の方が遠征をする場合は、土曜日に家を出て到着してからせどりをして、夜遅く帰るというスケジュールになるかもしれません。

ただし、僕は副業でせどりをしていた時は遠征の頻度も3ヶ月に1回くらいでしたし、家から1時間半で行ける場所しか行っていませんでした。

そのため、遠征が必須というわけではありません。

 

どういう人は遠征に行った方がいいの?

 

ひとつのジャンルでせどりをしている人は遠征した方がいいよ!

 

ひとつのジャンルに特化している人は遠征が必要です

せどりで仕入れる商品のジャンルをひとつに絞っている人は遠征してせどりをする必要があります。

例えば、仕入れる商品をセット本のみにしていたとします。自分の周辺のブックオフにあるセット本の在庫量には限りがありますし、利益商品の数にも限りがあります。

お店で利益のとれるセット本を仕入れて、また明日同じお店に行っても自分の目線で仕入れた商品は仕入れ尽くしているため、仕入れはできません。

そのため、ひとつのジャンルに特化してせどりをしている人は遠征をする必要があります。

 

オールジャンルでせどりをしている人は遠征の必要はなし

ひとつのジャンルに特化せずに幅広くせどりをしている人は遠征に行く必要はありません。

店舗せどりで例えるなら、リサイクルショップでもホームセンターでも仕入れをする人は自分の家の近くでも行けるお店がたくさんあるので遠征に行く必要はあまりないと思います。

ただし、遠征に行くと旅先のご当地グルメを楽しめるなどの気分転換になるので、行ったことのない方はぜひ遠征のせどりもすることをおすすめします。

 

まとめ

今回はせどりに遠征は必要なのかということについて解説しました。

ひとつのジャンルに特化している人は、遠征が重要になってきますが、いろんなジャンルでせどりをしている人は必須ではありません。

遠征に行かれる時はぜひ、ご当地のグルメや観光地などにも行って楽しんでくださいね。

 

 

 

人気ブログランキング参加中です!!

↓↓この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします!


せどりランキング

中古せどりで月収10万円アップしませんか?

3大マニュアルを無料配布中です。

【セカンドストリート完全攻略マニュアル】 中古せどりをこれから初める方に、最もオススメなのがセカストです。とある特徴の値札を見るだけで一発9000円利益を出す方法は知っていますか?教材内でご紹介しております。

【ハードオフ完全攻略マニュアル】 ハードオフの攻略は見るべき売り場の選定にあります。利益商品が無い売り場でせどりをしていては、いつまで経っても時間を浪費することになりかねません。そんな『絶対にリサーチしてはいけない売り場』も教材内で解説しております。

【オフハウス完全攻略マニュアル】 ハードオフと併設されることも多いオフハウス。店内のとある場所をリサーチしただけで『540円⇨11707円利益』(利益率82%)を出した方法も商品画像つきで徹底解説しております。

プレゼントを受け取る

※注意点 プレゼントにご登録いただきますと、ケンスケ公式LINE@に同時登録されます。LINE@登録の1通目のメッセージにてプレゼントのURLを記載しております。

-せどり

© 2021 KENSUKE BLOG Powered by AFFINGER5