せどり

夏のせどりで稼げる商品5選!!シーズンごとの仕入れ攻略法を徹底解説!!

2020年8月14日

 

・せどりで夏に売れる商品が知りたい
・どうすれば夏に売れるか確認できるの?

 

今回はそんな疑問にお応えします。

 

本記事では「夏のせどり」について深掘りして

実際に夏に値段と回転が上がる商品」についても解説していきます。

 

本記事の信頼性

現在、せどり歴は2年半で夏のせどりも過去3回、経験してきた僕が夏のせどり攻略法について分かりやすく解説します!

 

本記事を読むと夏にリサーチするべき商品や、夏のみならず冬などの季節品の考え方についてもわかるようにわかるようになります。

 

季節商品は大チャンスです

日本は春夏秋冬があるため、季節によって需要の増加にともない、値段や回転が上がって仕入れがしやすくなる商品があります。

そういった商品の仕入れができれば短期間で大きく利益を出すことができるため、季節商品の仕入れは利益を上げる大チャンスです。

また夏だけではなく、冬のせどりでも季節品は仕入れがしやすいです。

 

なぜ季節品は仕入れがしやすくなるのか?

なぜ季節品は仕入れがしやすく、利益が出やすいのか理由は下記の2つです。

ネット上で回転・相場が上がるため

お店側の値段設定が安いため

1つづつ解説します。

 

ネット上で回転・相場が上がるため

シーズン中になるとネット上では急激に季節品が売れ始めます。

夏商品は世間で夏と呼ばれるよりも早い、6月あたりから売れ行きが良くなりはじめます。

商品の回転が良くなって、出品者も次々に減っていくため8月中には多くの商品が最も高い相場になります。

そのため、リサイクルショップの値段設定はシーズン前の低い相場のままであることが多いためネット上の相場とは差額が生まれやすいためです。

 

お店側の値段設定が安いため

リサイクルショップでは5月の終盤あたりから夏物を陳列しはじめる店舗が多いです。

しかし、夏物商品は8月、9月を過ぎてしまうと買う人が全くいなくなります。

お店側では夏物家電などが翌年の夏まで在庫になってしまいます。

そうなることを防ぐためにお店側は、あらかじめ季節品は相場よりも安めの値段をつけてシーズン内に売り切ろうとしています。

シーズン内に売り切れなかった夏物家電を20〜50%オフにする店舗も数多くあります。

 

答えは去年の波形にある

では季節商品が売れることをどうやって、季節前に知ることができるのでしょうか?

答えはkeepaで1年前の波形を見れば分かります。

去年の6〜8月の履歴を見ましょう。その時に相場が上がっている商品なら高確率で今シーズンも同じように値上がりします。

この波形の確認方法は夏だけでなく、冬でも同じです。

 

夏に売れた商品5選

では、実際に僕が夏に売れた商品5つをご紹介します。

 

除湿機

冷風機

製氷機

エアコンマット

カンキューレ

 

1つづつ紹介していきますね。

 

除湿機

除湿機は6月の梅雨の時期から、回転と価格が上がります。

SHARP製の商品やCORONA社の商品が仕入れやすいので要チェックです。

CORONA社の除湿機は画像の形をしたモデルが狙い目です。

 

冷風機

上記の形の商品を見かけたら仕入れチャンスです。こちらもCORONA社製品になります。

冷風機はAmazonで商品カタログが無い商品も多いため、メルカリで履歴を見て相場を確認されることをおすすめします。

排熱のために使用するダクトも付属して販売すればより高い価格で販売できます。

 

製氷機

画像のような車で持ち運べるタイプの製氷機も夏に需要が上がります。

お店に置いてある事が少ない商品なのですが、見かけたら必ずリサーチしましょう。

大手メーカーで製氷機を出しているところは少ないため、ニッチなメーカーの製品が多く流通しています。

 

エアコンマット

寝る時に布団に敷く、エアコンマットも夏に相場が上がる商品です。

ATEX社のエアコンマット「そよ」という商品が人気シリーズです。型番の最初に「AX」と書いてある商品はATEX社のエアコンマットなので要チェックです。

マットなので、前の使用者がシミをつけている中古品もありますが、多少のシミなら問題なく売れていきます。

 

カンキューレ

缶ジュースやビールを入れると、冷却することができるカンキューレも夏の狙い目商品です。

カンキューレの中でも、電池を入れて動作する電動タイプが相場が高いです。

リサイクルショップでは100円などで投げ売りされていることも多々あるので要チェックです。

 

夏物はいつまでに売ればいいの?

 

8月中に売り終えるのがいいよ!

 

夏物はいつまでに売ればいいのか?

夏物ですが、気温が暑い時期が終わると値段が下がって売れ行きも低下していきます。

9月には相場が下がり始める商品が多いため、仕入れた商品は8月いっぱいで売り切ってしまうのがいいでしょう。

 

まとめ

今回は夏に売れる商品について解説していきました。

冒頭でも書いた通り、夏物仕入れにおける基本的な考え方は冬でも共通しますので、他シーズンの仕入れにも活かしてみてくださいね。

 

 

 

人気ブログランキング参加中です!!

↓↓この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします!


せどりランキング

中古せどりで月収10万円アップしませんか?

3大マニュアルを無料配布中です。

【セカンドストリート完全攻略マニュアル】 中古せどりをこれから初める方に、最もオススメなのがセカストです。とある特徴の値札を見るだけで一発9000円利益を出す方法は知っていますか?教材内でご紹介しております。

【ハードオフ完全攻略マニュアル】 ハードオフの攻略は見るべき売り場の選定にあります。利益商品が無い売り場でせどりをしていては、いつまで経っても時間を浪費することになりかねません。そんな『絶対にリサーチしてはいけない売り場』も教材内で解説しております。

【オフハウス完全攻略マニュアル】 ハードオフと併設されることも多いオフハウス。店内のとある場所をリサーチしただけで『540円⇨11707円利益』(利益率82%)を出した方法も商品画像つきで徹底解説しております。

プレゼントを受け取る

※注意点 プレゼントにご登録いただきますと、ケンスケ公式LINE@に同時登録されます。LINE@登録の1通目のメッセージにてプレゼントのURLを記載しております。

-せどり

© 2021 KENSUKE BLOG Powered by AFFINGER5